授 業 進 度

認知モードの言語間対照について
シャンソンとフランス語
フランス語および西ロマンス諸語における「行く」型移動動詞の文法化について。
フランス語および西ロマンス諸語における「行く」型移動動詞の文法化について。
課題を確認のあと、関連する発展的内容についてお話ししました。
11課の文法を最後まで説明・口頭練習したあと、53ページの練習問題1、2を授業時間内にすませました。
53ページの仏文解釈を次回までの課題とします。
婉曲語法と緩叙法について
婉曲語法と緩叙法について
課題を確認のあと、12課の文法を59節まで説明・練習しました。
11課の文法を説明・口頭練習したあと、49ページの練習問題1を時間内に終わらせました。
49ページの練習問題2と仏文解釈を次回までの課題とします。
語彙文法理論について。
語彙文法理論について。
課題を確認のあと、10課の文法を最後まで説明・口頭練習し、練習問題の残りも時間内に終わらせました。
課題を確認のあと、第10課の文法を53節まで説明・口頭練習しました。
45ページの1を次回までの課題とします。
ステレオタイプ理論について。
ステレオタイプ理論について。
第9課の文法を説明、口頭練習しました。
41ページの練習問題を次回までの課題とします。
課題を確認のあと、第8課の最後まで説明・口頭練習しました。
37ページの練習問題の残りも済ませました。
論証的ポリフォニー理論について。
論証的ポリフォニー理論について。
課題を確認のあと、8課の文法を46節まで説明・練習しました。
37ページの1の1から10、および2を次回までの課題とします(1の11、12はのぞく)。
来週火曜(6月4日)はターム試験のため、この科目をふくむセメスター科目は休講です。次回は6月6日です。
7課の文法を最後まで説明・口頭練習しました。
33ページを次回までの課題とします。
第6課のおわりまで。
トーン理論について。
トーン理論後半、ならびに証拠性について。
課題を確認のあと、5課を終わらせ、6課の33節まで説明・口頭練習をしました。
課題を確認のあと、文法を30節まで説明・練習しました。
25ページの1を次回までの課題とします。
ScaPoLineについて。
事例研究、ならびにトーン理論前半。
課題を確認のあと、第4課の文法を27節まで解説・口頭練習しました。
21ページを次回までの課題とします。
課題を確認のあと、3課の文法を最後まで説明・口頭練習しました。
17ページの3を次回までの課題とします。
意味ブロック理論の事例研究(その2)、およびポリフォニー理論(標準理論)。
ポリフォニー理論 (標準理論とScaPoLine)
15ページのおわりまで、説明、口頭練習をしました。
17ページの1、2を次回までの課題とします。
課題を確認のあと、第2課の文法を最後まで説明・口頭練習しました。
13ページの練習問題の残りも済ませました。第2課終了です。
各種の論証矩形について、ならびに事例研究。
意味ブロック理論の事例研究(つづき)。
課題を確認のあと、第2課の文法を18節まで説明・口頭練習しました。
13ページの練習問題1を次回までの課題とします。
第1課の文法を最後まで説明・口頭練習しました。
9ページの練習問題を次回までの課題とします。
Carel 論文の紹介、および論証矩形について
論証矩形について、脱現実化・現実化修飾語について、および事例研究
5ページのおわりまで。
教科書2ページのおわりまで。
言語内論証理論の概要についてお話ししました。
言語内論証理論の概要についてお話ししました。
授業の概要、教科書、辞書の紹介、フランス語の特徴についてお話ししたあと、アルファベの解説と口頭練習をしました。
先週からの課題としていた、41ページの1の解答確認と解説をしました。
今年度の平常授業は終了しました。
ポリフォニー理論について講義しました。
今年度の平常授業は終了しました。
研究会実施をもってかえました。
講読教材を読了しました。
今年度の平常授業は終了しました。
まえの記事