授 業 進 度

ハンドアウト18ページまで。
課題を確認のあと、4課の文法の残り、および第5課の文法を29節のおわりまで説明・練習しました。
25ページの練習問題1の1から1の6までを次回までの課題とします。
大学院入試、および帰国生入試業務のため、7月4日および11日は休講します。
研究会実施をもってかえました。
研究会実施をもってかえました。
科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 課題番号24520530「日英語ならびに西欧諸語における時制・モダリティ・アスペクトの包括的研究」(研究代表者和田尚明)
ならびに科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 課題番号25370422「フランス語および日本語におけるモダリティの発展的研究」(研究代表者渡邊淳也)
2013年度第2回・第3回共同研究会のお知らせ

つぎの要領で研究会を実施します。
準備の都合上、参会希望者は渡邊までご一報くだされば幸いです。

日時:2013年6月25日(火)および7月2日(火)14時から
場所:人文社会学系棟 渡邊研究室
発表者:和田尚明
題目:「時制・モダリティの統一モデルと言語使用の三層モデル」
4.4.1節のおわりまで。
補助教材を配布し、比較級・最上級について復習・練習しました。
講義用ハンドアウト13ページの前半まで。
前回からの課題を確認したあと、第4課の文法を27節まで説明・練習しました。
第4課の練習問題を次回までの課題とします。
15ページ第1段落のおわりまで。
第2章を読了し、第5章に入りました。1.1節のおわり(102ページ)まで。
第3章のおわりまで。
臨時に仏検対策の授業をしました(全2回のうち第2回)。
講読テクスト読了。
今後は講義形式ですすめます。ハンドアウトを配布し、6ページまで説明しました。
課題を確認のあと、第3課の文法部分を最後まで説明・練習しました。
17ページの練習問題の残り(3)を次回までの課題とします。
14ページ第1段落のおわりまで。
39ページ下方の大きな区切りまで。
17世紀のフランス語史。
(教科書でいうと3.9節の一部に相当しますが、教科書よりくわしく解説しました)
臨時に仏検対策の授業をしました(全2回のうち第1回)。
19ページ上方の区切りまで。
課題を確認のあと、第3課の文法にはいり、15ページのおわりまで説明しました。
17ページの練習問題1、2を次回までの課題とします。
2課の練習問題(前回からの課題)を最後までおわらせました。
この科目(春学期ABモジュール、ただし全学ルールによらず外国語センター方式)の平常授業はきょうで終了しました。
6月27日(木)3限に期末試験を実施します。そのときにかぎり、1B408に教室変更します。
13ページの下から12行めまで。
前半:講読、34ページの大きな区切りまで。
後半:D. Vigier (2012) の紹介と論評。
20課の練習問題の解答確認・解説をしました。
3.8節のおわりまで。
  <201305| 201306 |201307>