授 業 進 度

第6課の和文仏訳の確認・解説をしました。
次回の授業開始時に、第6課の対話の後半(12行分)のディクテをします。
来週木曜は全学的に火曜の授業をしますので、次回は再来週です。
課題を確認のあと、文法を29節の1)まで説明・練習しました。
25ページの練習問題1の1から6を次回までの課題とします。
来週木曜は全学的に火曜の授業をしますので、次回は再来週です。
課題を確認のあと、第7課の文法を43節まで説明・練習しました。
33ページの練習問題2、3を次回までの課題とします。
来週木曜は全学的に火曜の授業をしますので、次回は再来週です。
77ページ22行めまで。
57ページ7行めまで。
56ページのかこみ記事の10行めまで。
9ページ6行めまで。
第5章のおわりまで。
ディクテの小テストをしたあと、第6課の対話の解説・口頭練習をしました。
第6課の和文仏訳を次回までの課題とします。
課題を確認のあと、第4課の文法を27節まで説明・練習しました。
21ページの練習問題1、2を次回までの課題とします。
課題を確認のあと、第6、7課の文法を39節のおわりまで説明・練習しました。
29ページの2、33ページの1を次回までの課題とします。
76ページ上部、引用のおわりまで。
研究発表「記事タイトルにおけるau contraireについて」
55ページ上方の区切りまで。
7ページのおわりまで。
次回、9ページ9行めまで準備してきてください。
3.2節のおわり(106ページ)まで。
第5課の和文仏訳の確認・解説をしました。
来週の授業開始時に、第5課の対話の前半(9行めまで)のディクテをします。
課題を確認のあと、第3課の文法を最後まで説明・練習しました。
17ページの3を次回までの課題とします。
課題を確認のあと、第6課の文法を36節まで説明・練習しました。
29ページの1を次回までの課題とします。
75ページ上方の区切りまで。
第7回 文芸・言語専攻フランス語学領域・フランス文学領域

合同研究発表会

 今、世界におけるヨーロッパの地位、役割は大きく変わろうとしています。その中で私たちがフランス系の言語文化、文学を研究する意味は何なのか。改めて大きな問いに答えなければならない時期に来ています。

 文芸・言語専攻では、文学分野フランス文学領域および言語学分野フランス語学領域の大学院生は研究室を共有して常日頃、議論を交わしています。語学研究にとっては文学の知識や発想は時にインスピレーションの宝庫であり、また文学研究にとっても語学の知識とセンスはテクストの深い読みを誘うきっかけとなります。

 本発表会は日頃の研究の成果を公開し、自由な議論の場を作ろうというものです。

 関心のある方は教員、学生を問わず、参加を歓迎します。

 日時:2014年10月17日(金)13:00-18:00

 場所:筑波大学 1C302会議室


 [ 第一部 ]

13:00-13:30 後庵野一樹(フランス文学領域2年)
「クロソウスキーにおける体験の叙述―『わが隣人サド』から『歓待の掟』へ」

13:30-14:00 高須賀真之(フランス文学領域2年)
「アントナン・アルトーと身体性―シュールレアリスムから『残酷演劇』へ」

14:00-14:30 木村仁志(フランス文学領域3年)
「声と痕跡(補遺)―アラン・ロブ=グリエ『もどってきた鏡』とサルトルを中心に」

休憩15分

14:45-15:15 大道 果南(フランス語学領域2年)
「談話マーカーdisonsに関する研究」

15:15-15:45 小川 紋奈(フランス語学領域2年)
「題目未定」

休憩15分

16:00-16:30 楊鶴(フランス語学領域3年)
「題目未定」

16:30-17:00 田代雅幸(フランス語学領域3年)
「記事タイトルにおけるau contraireについて」

17:00-17:30 プヨ・バティスト(フランス語学領域5年)
 「Sur la notion de présupposition et son rapport avec les actes de langage」

研究会実施をもってかえました。
今学期講読する文献コピーを配布し、導入的説明をしました。
次回から毎回2ページを目標に予習してきてください。
台風18号接近のため、全学的に休講となりました。
台風18号接近のため、全学的に休講となりました。
科学研究費助成基金 基盤研究(C) 課題番号24520530「日英語ならびに西欧諸語における時制・モダリティ・アスペクトの包括的研究」(研究代表者:和田尚明)
および科学研究費助成基金 基盤研究(C) 課題番号25370422「フランス語および日本語におけるモダリティの発展的研究」(研究代表者:渡邊淳也)
合同2014年度第3回研究会のお知らせ

発表者:大道果南
題目:「談話マーカーdisonsに関する研究」
日時:2014年10月7日(火)15時15分から

準備の都合上、参加希望のかたは渡邊までご一報ください。
第5課の対話の解説・口頭練習をしました。
第5課の和文仏訳を次回までの課題とします。
第3課の文法を15ページのおわりまで説明・口頭練習しました。
17ページの練習問題1と2を次回までの課題とします。
第5課の文法を最後まで解説・口頭練習しました。
25ページの練習問題の残り(1の6から2の5まで)、次回までの課題とします。
今学期講読する文献コピーを配布し、導入的説明をしました。
次回から毎回2ページを目標に予習してきてください。
  <201409| 201410 |201411>