授 業 進 度

まえの記事 つぎの記事
以下の要領で講演会を開催いたします。関心がおありのかたは、どなたでもご参会ください。 

■講師
髭 郁 彦
(中央大学非常勤講師)

■題目
「意識と無意識の間で : 語る主体の理論的考察」
 近代言語学の基盤を作ったソシュールの『一般言語学講義』とその影響を大きく受けたラカンの精神分析探究を中心的に考察しながら、モダリティ研究と深く関わる「語る主体」の問題を理論的に検討していく。

■日時
2014年6月24日(火)14時30分〜16時30分

■場所
筑波大学第1エリア1B210教室

 この講演会は、科学研究費助成基金 基盤研究(C) 課題番号25370422「フランス語および日本語におけるモダリティの発展的研究」(研究代表者:渡邊淳也)によって実施されます。