授 業 進 度

まえの記事 つぎの記事
言語学講演会のお知らせ

以下の要領で講演会を開催いたします。関心がおありのかたは、どなたでもご参会ください。 

■講師
岸 彩子
(青山学院大学非常勤講師)

■題目
「未来を表す現在形 présent "pro futuro"」
 フランス語現在形の、未来時に生起する事態を表す用法 présent "pro futuro" について考察し、この用法は時間・空間的にも判断の主体としても話者の立場を考慮に入れることを許さないとする。このことから présent "pro futuro" は現在形にどのような時間性も認めない非時間性説(Serbat1980他)を補強するものであると考える。

■日時
2014年7月2日(水)15時〜17時

■場所
筑波大学共同利用棟A102教室

plan

 この講演会は、科学研究費助成基金 (基盤研究(C)課題番号24520530)「日英語ならびに西欧諸語における時制・モダリティ・アスペクトの包括的研究」(研究代表者:和田尚明、研究分担者:渡邊淳也) によって実施されます。