授 業 進 度

まえの記事 つぎの記事
6章4節のおわり(145ページ上方)まで。
くわえて、補助教材を配布し、単純未来形の現在推量用法とdevoirの認識的用法の対比について説明を補足しました。