授 業 進 度

文献読了。
言語内論証理論における「意味ブロック理論」(Théorie des blocs sémantiques)について。
7.5節のおわりまで(56ページ)。
課題を確認のあと、33ページのききとり問題をその場で済ませました。
ディクテの小テストをしたあと、第9課の対話の解説と口頭練習をしました。
第9課の和文仏訳を次回までの課題とします。
第8章のおわりまで。
77ページの(6)、(7)-a、(8) を済ませたあと、16課の対話(78ページ)をおおまかに説明しました。
78ページの Compréhension orale は前半 [(1)] しかできていません。
77ページの(7)-b を冬休みの課題にします。
前回配布の教材を最後まで説明しました。
論文修正の作業を支援しました。
53ページの半分まで。
課題を確認のあと、第11課の対話と文法を説明・練習しました。
練習問題1,2を次回までの課題とします。
第8課の和文仏訳の解答確認、解説をしました。
次回のはじめに、第8課対話の前半10行のディクテをします。
ステレオタイプ理論の紹介と論評。
74ページの対話、聴解、75ページの文法。
新たに教材を配布し、§5のおわりまで説明しました。
論文修正の作業を支援しました。
49ページの半分まで。
課題を確認のあと、第10課の対話と文法を説明・練習しました。
練習問題1,2を次回までの課題とします。
ディクテの小テストをしたあと、第8課の対話の解説と口頭練習をしました。
第8課の和文仏訳を次回までの課題とします。
8.7節のおわりまで。
・71ページの文法
・72ページの(4)、(5)
・73ページの(8)
第6章のおわりまで。
69ページの練習(6){前回からの課題} を確認のあと、70ページの対話を解説・練習しました。
6章5節のおわりまで。
受講者全員の論文の支援をおこないました。
46ページの半分まで。
第9課の対話と文法を説明・練習しました。
練習問題1,2を次回までの課題とします。
第7課の和文仏訳の解答確認、解説をしました。
次回のはじめに、第7課対話の前半10行のディクテをします。
8.6節のおわりまで。
67ページを説明したあと、68ページの練習4まですすめました。
4.3節のおわりまで。
あわせて授業内課題を出しました。次回解説します。
ディクテの小テストをしたあと、第7課の対話の解説と口頭練習をしました。
第7課の和文仏訳を次回までの課題とします。
8.4節のおわりまで。
あわせて、補助教材を配布し、新情報、旧情報、主題、説述、主題化、焦点化などについて説明しました。
第12課のおわりまで。
第6章にはいり、2節のおわりまですすめました。
発表、「暴力表現におけるlàの用法」
21ページの3をおわらせたあと、第8課の対話と文法を説明・練習しました。
第8課の練習問題1と2を次回までの課題とします。
第6課の和文仏訳の解答確認、解説をしました。
次回のはじめに、第6課対話の後半12行のディクテをします。
8.2節のおわりまで。
61ページのおわりまで。
第5章のおわりまで。前回配布の教材も最後まで。
発表2件。
―Brunet(1980)の紹介と論評
―Essuie-toutの意味論
44ページ上方の区切り(5.4節のおわり)まで。
21ページの2まで。
ディクテの小テストをしたあと、第6課の対話の解説と口頭練習をしました。
第6課の和文仏訳を次回までの課題とします。
7.7.4節のおわりまで。
論文の個別支援をおこないました。
41ページ前半まで。
55ページの⑤、56ページの対話、および57ページの文法。
第5章第4節まで説明したあと、補助教材を配布し、その5ページ前半まですすめました。
まえの記事   つぎの記事